熊本地震

c0209325_11244059.jpg



専務取締役 前地隆男
住宅ローンアドバイザー
不動産キャリアパーソン









先日の大きな熊本の地震から数日たっておりますが、まだ揺れが続いているようですね。こちらからは、応援する事や寄付をする事しか出来ませんが、被災地の皆様が無事であること元気であることを祈っております。
  
震災について、いまいちど、考えてみました。
大きな震災がある度に色々と考えさせられることがあります。
先日見た情報番組では、日本では5、6年に一度は死者100人以上が出る大地震がおこる。と言っていました。 
私の記憶の中でも、阪神淡路大震災・新潟県中越地震・東日本大震災。

私は東日本大震災の時に震災についてすごく考えさせられました。
恥ずかしながら、備蓄したほうが良いものや原発の被害についてなど初めて勉強をしました。明日は我が身。震災はいつくるか分かりません。明日くるかもしれない。そう思うようになりました。
 
これも、情報番組で言っていたことなのですが、
『悲観的に準備をして、楽観的に生活をする』
まさにその通りだと思いました。
 
防災は『段取り八部。』建築業界でも言われている言葉です
だそうです!!
 
改めて、皆様も避難場所・連絡手段・備えておく物・家具の固定
昭和56年より前に建てられたお家に住んでいる方は耐震基準が改正される前のお家です。寝る場所を2階にする、耐震補強を検討する等対策も必要かと思います。現在の建物は津波や土砂崩れが来ない限りは倒壊しないと言われています。
また、ペットを飼っている方はペットを連れて避難する事も考えておいて下さい。
今ではSNSも連絡手段にとても有効な方法のひとつだそうです。。
災害掲示板についても調べてみたいと思っています。
  
ご近所に仲の良いお友達やご近所さんがいる場合はお互いの避難場所を教えあうのもひとつだと思います。私も幼馴染がいるので、大地震の後、お互いに確認をしあいました。何かあったらお互いの避難場所に行って、家族で助けあおうね。と。
  
長くなりましが、自分の命、家族の命は自分自身で守るしかないと思います。
皆様も今一度、震災についてご家族で話あってみて下さい。
[PR]
by iiieaucklandhome | 2016-04-21 11:26 | 前地隆男専務
<< 1 屋根通気 >>