なでしこJapan 


c0209325_13433194.jpg

住宅ローンアドバイザー
不動産キャリアパーソン


専務取締役 前地隆男









昨日は、なでしこジャパン VS 北朝鮮戦をテレビで観戦しました。


両チームとも予選敗退が決まっている同士の対決。
にもかかわらず消化試合とはみじんも感じさせないほど、
勝利への執念が感じられる好ゲームになりました。
この辺の純粋さも、女子サッカーの良い所ですね。
雨の中でも応援に駆けつけていた、
両国のサポーターも素晴らしかったと思います。

2連勝で結果は3位。
結果は出ませんでしたが、岩渕選手や横山選手が活躍するなど、
未来に向けての収穫もありました。
彼女達の活躍が、リオオリンピックで見られないのは残念ですが、
この経験は必ず次の世代へ生かされることでしょう。
シドニーオリンピックの出場権を逃した悔しさをバネに、
世界一まで昇りつめた先輩達を見て来ているのですから。

これで、なでしこジャパンの活動は一旦休止となりますが、
それに伴い佐々木監督も退任の運びとなりそうです。
今は敗戦の矛先が向けらていますが、
これまでの輝かしい成績が色あせることはありません。
残してきた結果もさることながら、
日本の従来の「上官と部下」のような古い指導法にも、
大きな影響を与えてくれました。
ドイツワールドカップ決勝、
PK戦前の選手達の笑顔に、驚きを覚えた指導者も多かったはず。
今後の佐々木監督の活躍にも、注目して行きたいと思います。

[PR]
by iiieaucklandhome | 2016-03-10 14:18 | 前地隆男専務
<< 平塚市徳延の新築工事 建物中間検査 >>