電力自由化


c0209325_09084370.jpg


住宅ローンアドバイザー
不動産キャリアパーソン

専務取締役 前地隆男









2016年にはじまる電力自由化
サービス内容や価格を吟味して自由に電力会社を選ぶこと
ができるなど、電気を取り巻く環境は大きく変化します
電力自由化は”発電の自由化”、”電力小売の自由化”、”送・配電の自由化”の3つに分けられ、
一般家庭に影響が大きいのは「電力小売の自由化」です。
c0209325_08270294.jpg


今までは、東京に住む人は東京電力、大阪に住む人は関西電力、と各地域ごとにある電力会社か
らしか電気を購入することはできないように電気事業法で規制されていました。
今回の電力自由化でこの規制が緩和され、「新電力」と呼ばれる新しい電力会社が参入できるようになります。

これからは、例えば携帯電話のように、複数の事業者が提供する料金プランや契約メニューの中から自分に最適なものを自由に選ぶことができます。

電力の自由化において最大のメリットは、色々な電力会社の電気料金プランを比較して選べるようになること。今まで電力会社は地域独占で競争相手はいませんでしたが、電力自由化で様々な会社が新電力として参入し、比較され、競争が起こります。これからは、電気料金の値下げ、割り引き、ポイント付与など価格面でのアピールや、今までに無かったユニークなプランやサービス、環境に配慮した電気の使用などにより差別化する必要があるのです。

すでに100社以上が電力小売りに必要な小売電気事業者の登録申請をしており、この中には発電設備
や燃料の調達ルートを持つガス会社や石油会社だけでなく、通信会社や旅行会社など異業種の企業も
含まれています。

この制度は2016年の4月1日から始まります。
ニュースなどでもだいぶ話題になっていますが、
お客様にあった電力プランを進められるように
電力会社の勉強をしておきます‼︎




[PR]
by iiieaucklandhome | 2016-01-15 08:27 | 前地隆男専務
<< 鎌倉市寺分の新築現場 内装工事 >>