新ペリア

c0209325_18333403.jpg


不動産キャリアパーソン
住宅ローンアドバイザー

専務取締役 前地隆男








昨日は休みで宅建協会青年部のゴルフコンぺに行ってきました。

c0209325_13304971.jpg
天気も良く最高のゴルフ日和でした。
前半66 後半54 GROSS 120のスコアで何とも情けないスコアでしたが
気の合う仲間たちと楽しくゴルフを楽しんできました。
c0209325_13314371.jpg

夜から地元で表彰式を行ったのですが、
c0209325_13320460.jpg

初心者の方が何人か参加されたので「新ペリア」の無制限でやって


前地 19名中 3位でした。


コンペに慣れてなくて新ペリアのルールが当事者の私ががよく分かっていなかったので


新ペリについて調べたのでこちらに書かさせてもらいますね。


ハンディキャップを持たないゴルファーが参加するコンペのために考案されたハンディキャップ算出法で
簡単に言うと、「隠しホール」と呼ばれる任意に選ばれたホールのスコアの合計
によってハンディを決めて順位をつけるのです。
現在では最もポピュラーな算出法だそうです。
その算出法は、18ホールの中からプレイヤーに公表せずに、
パーの合計が48になるよう隠しホール(12ホール)を選びます。
次にラウンド後の12ホールの実数合計を1.5倍して、
コースのパー(通常72)を引きます。その数字に0.8を掛けたものが
ハンディキャップとなるわけです。

計算は良いとして、
ハンディキャップを決めるとき、いつの時代もハンディが「多い」「少ない」などの不平不満がでるものです。そうした中、新ぺリア方式なら平等に活躍できる状況になるでしょ!?
という主催者の意図があるそうです。

要するに新ぺリア方式のコンペに参加する方は
たとえ途中のスコアーが悪くとも、諦めずにプレーすれば
良い結果につながることもあるかとの事みたいです。


[PR]
by iiieaucklandhome | 2015-12-03 13:35 | 前地隆男専務
<< キッチン改修工事Ⅲ 内部配管 >>