日本人が忘れてはいけない日

c0209325_10285117.jpg


住宅ローンアドバイザー
不動産キャリアパーソン


専務取締役 前地隆男






昨日の8月6日は広島に原爆が投下された日です。
c0209325_10302935.jpg

つつしんで哀悼の意を表し、黙祷を捧げたいと思います。

広島に原爆が投下された8月6日、長崎に落された8月9日、終戦のの8月15日、これに通州事件(7月29日)を加えた4つの日にちは、日本人が絶対に忘れてはならない日です。

なかでも広島と長崎への原爆投下は、その残虐性、大量殺戮性、市民に対する暴力行為のはなはだしさとして、人類史上、最悪の出来事として記憶されるべきものです。
広島だけで20万人の市民が殺されました。
長崎では14万9000人の市民が殺されています。
ただ死んだだけでなく、原爆の放射能を浴びて、その何倍もの多くの人が、苦しみ続けています。
大きな被害が起きた事件です。
しかもそれは、地震などの自然災害でなく、人為によって起こされた大厄災です。

一発の原爆が一瞬にして約20万人の尊い人命と全てを破壊したことを思うと、こんな恐ろしい行為は人間として絶対に二度とあってはならないという思いを大いに感じざるを得ません。
 今年で戦後69年になり、あの当時の広島・長崎被爆後の悲惨な姿は今は面影なく、時とともに忘れ去られようとしています。
c0209325_10305088.jpg

 現在すばらしい都市に生まれかわり、平和で幸せに生きていることに感謝するとともに、あの原爆の被爆が我が国で実際にあったことはまぎれもない事実であることを決して忘れてはならない。今後未来永久に深く心に刻みたいものと心に願うばかりです。
c0209325_1031938.jpg

 世界人類、みな平和であることを望んでやみません。
[PR]
by iiieaucklandhome | 2014-08-07 10:37 | 前地隆男専務
<< 上棟前日 地盤改良 >>