建築用語(その2) 「養生」

c0209325_16142971.jpg

中国の思想で生を養う、すなわち人間の身体を整える事。転じて、健康を保つことや、傷病を治癒するために保養すること。(ウィキペディアより)
建築・土木では、コンクリートやモルタルの「養生」というと材料が正常に固まって強度が出るための保護をする行為になります。さらには塗装工事などにおいて仕上げ部分以外に余分な塗料が付着しないように、シートを敷いたり、テープを貼って防ぐこと。
c0209325_16143331.jpg

(↑写真は正面の壁を塗装するために屋根全面を養生してくれています。)

きれいに塗装していざ最後、足を一歩踏み出した足裏に1滴の塗料が!なんてこともあります。
汚すのはあっという間ですがきれいにするのはとても大変です。
建物の建築には様々な職種の職人さんが連携して仕事をします。自分の仕事さえきれいであればよいのではなく、他の職人さんがやった仕事を汚さない、次の職業の人にきれいなまま連携していくことが現場の基本になります。
 木造の建物は大工さんが中心となりますが、その他大勢の技術職が結集して1件の家が出来上がります。
工場で車を作るのとは少し違ってかなりの割合で生の人の手がかかっているものなのです。
強度・傷・汚れに対しての養生はもちろんですが、「生を養う」ための器である健康な住まいとするために大勢の協力会社の力を借りて一軒一軒、丹精込めて当社の建物は造られていきます。
[PR]
by iiieaucklandhome | 2014-04-08 08:00 | 山本氏
<< お引き渡し 完成見学会 >>